ありがとう

f0317533_23144204.jpg
ながく、ながく
ご無沙汰しておりました。



実は、とても悲しいことがありました。




ブログ、書きたいな…と思いながら
家族のことを思うと、どう書いてよいか分からず、
時がどんどんと過ぎていき




10月になりました。






今日は思い切って書いてみます。
悲しい話は今はちょっと、という方ごめんなさい…!
ぜひこの先はスルーしてくださいね。







ーーーーーー




今年の冬と春の、ちょうど間くらいの季節に
このブログにもよく登場していた
誰よりも家族想いの兄を
闘病の末、亡くしてしまいました。




筆舌に尽くしがたい悲しみが実家の家族を襲い
私が家族に対してできることなんて、手続き関係以外だと
できるだけ側にいることくらいしか…できませんでした。






f0317533_23142358.jpg
でも、本当に途方に暮れてしまったとき、
兄にお世話になったというたくさんの人たちが助けてくれて、
毎日毎日、心の底からありがたく思いました。


いろいろと考えるべきことがたくさんあって
頭がパンクしそうになることも多々あるのですが、
そんな人たちの顔を思い浮かべるたび、いつも心がほっとします。







f0317533_03350503.jpg
そして、私自身に起こった心の変化というのがあって





まだ40代だった兄が亡くなったことで、
父の死のときには感じなかった、いつかは訪れる自分の死を
ほぼ毎日のように意識するようになりました。



私はこれからどんな風に自分の人生を生きるべきか、
なんていうことです。
(堅い話ばかりですみません)






考えている割に







まだ数カ月なので、
具体的にはさっぱり…
なのですが、







私は、家族をはじめ、たくさんの人に支えられて生きていることを
絶対に忘れちゃダメだと





その幸せを、忘れるような生き方だけはしたくないです。





そして支えてもらっている分、私も誰かのために頑張りたいです。
兄がやってきたように。






それから、
兄の分まで笑顔でいようと思います。





ほっそい目の私ですが
私の笑顔は家族をきっと笑顔にすることができる、と信じて、
起こってもいない先のことを心配しすぎず、できるだけ笑顔で生きる。





そして、きっと悔しい思いをして亡くなった兄の分まで
人生を楽しまなくちゃいけない。





そう思い始めました。







f0317533_02161780.jpg
こんな思いになったのは、
実は、とても久しぶりに何となく始めた
部屋の模様替えをしたときでした。
気づいたら、不謹慎にも心が楽しそうな自分がいました。




やっぱり
インテリアが、大好きです。






ーーーーーー





ブログで出会い、ようやく本当にお会いできた
harusukiちゃん
素敵な藁の鍋敷き、そして私の大好物のミレービスケットなどなど
ありがとうございました。




素敵なカレンダーにはいつもうっとりしています、
yukoちゃんありがとう。
手作りコンポート、心に沁みました。




素敵な寄木細工のおみやげ、Aちゃん、ありがとう。






他にもいっぱいいっぱいありがとうを伝えたい人はいますが
いつも大事なときに
私を励ましてくれるこのブログの存在にも
ありがとう…!








兄ちゃん、助けられなくてごめんね。
私、家族を大事にするよ。一生懸命頑張るよ。
だから、応援しててください。
そしていつか会えたときには、頼りない妹がよくやったなあって言って、褒めてね。
永遠に、感謝してます。


charland

[PR]
by 11char-land23 | 2018-10-13 04:05 | 日々のあれこれ

北欧×和のインテリアが好きです。家族や友人にとってあたたかいおうちになるよう、日々ちょっとずつインテリア改造中です。


by charland